10月ももう終わりですね。。

日々の仕事や家庭のことなどで、一日一日過ぎていくのが早いです(^^;

そしてもう一つ、振り返ると最近あまり仕事のこと載せていないなということに気づきました。

そこで、お盆前に少しご紹介をした鳥海石で加工した外柵のお墓を紹介したいと思います。

簡単に作業順に掲載します。

 

コンクリートベースに一段目の石を据えます。

次にこの外柵のポイントとなる階段の袖石を据えて、最初の間知石(けんちいし)を据えていきます。

納骨棺を据えて、中をコンクリートで埋めます。

次に2段目の間知石を据えます。

同様のことを繰り返し、最後に笠石を据えるとようやく土台の外柵の完成です(^-^)

磨き仕上げの外柵にはない落ち着きを感じます。

1尺2寸角の大きな墓石を据えて、外柵と燈篭を据え完成です。

さらに、今回は墓所の奥行きがかなりあるため、お墓の前の参道も石で作ることになり、さらに立派な出来栄えになりました。

地元の石をうちで加工したのですが、やはり趣があるというか落ち着いていて、私はこの石も好きですね(^-^)

本当に立派な良いお墓ができたと思います。

こんな感じに、他のお墓もちょこちょことご紹介したいと思っています。

カテゴリー 石屋日記 | コメントする

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA