月別ア―カイブ: 10月 2016

10/22に行われた技能五輪の報告です

様々な工具を使用し、石面を削り取っていきます。

下の道具は、刃ビシャンという道具です。

こちらはビシャンで、のみ切りの後に平らにするための道具です。

少し見えにくいですが下は、両刃という道具です。

ビシャンの後やふちの加工の際に使用したりする道具です。

ビシャンの後に両刃で叩き目をつけて仕上げるのが

小叩き仕上げと呼ばれています。

差し金で直角と平面の精度を見ながら作業を進めていきます。

なかなか順調に進んでます。

昨年は、競技一日目でヘトヘトになっていた あべくんですが

今年は少し余裕を感じます。

練習の賜物ですね(^^)b

カテゴリー 石屋日記 | コメントする

※10/22に行われた技能五輪の報告です

大変遅くなりましたが

二日目です(^^;

 

この日から、競技開始となります。

開始前の張りつめた空間ですが、

2年目ということで慣れたのか、

ナイガイさんの佐藤くんとリラックスして話をする余裕も今年はあるようでした(^^)

それぞれ作業する定位置につき、スタートを待ちます。

笛の音とともにスタート。

まずは、墨付け(寸法出し)

墨付けが終わった選手から順に

石を叩く音が聞こえ始めます。

最初の一発目が一番緊張するんです。

ここで、石の目などの特徴がわかります。

エアー工具など様々な道具を駆使して進めていきます。

 

 

カテゴリー 石屋日記 | コメントする

気持ちの良い秋晴れの中、 技能五輪全国大会が開催されました。

山形では初開催になります。

 

まず私たち石工は、競技会場となるビッグウイングで

挨拶と道具や材料のチェックを行いました。

今年の石工の参加は、9名。

石の加工の本場、愛知県が6名と香川県から1名です。

緊張感ありますね(^^;

 

明日から競技開始になります。

この大会の為にあべくんは、 休日や仕事が終わってからの時間を

すべて練習に使い頑張ってきました。

 

これまでの練習の成果を発揮して 悔いのないように頑張れ!!

 

 

カテゴリー 石屋日記 | コメントする