月別ア―カイブ: 4月 2014

今日は、天気が良くて桜も満開なところが多くなってきましたね。

天気が良いと現場も進むのでありがたいです(^^)

さて、今日はお墓の磨きなおしを依頼されたお客様のお墓を建てました。

ただ、キャタピラ運搬車が調子が悪く修理に出しているので、今回は久しぶりに5輪車で墓所まで運搬しました。

結構大きな台石ですが、参道が広く整備されているのでスイスイと運べます(^^)

阿部くんも笑顔ですね。

次は、竿石と上台など結構積んで運んでみると少しキツイようです(^^;

昔は、この5輪車が大活躍していたんですが、最近ではめっきり使われなくなりました。

私も運んでみたんですが、エンジン付きの運搬車で運ぶより、静かですし程よい重さを感じながら押して運んだほうが、石と向き合っているような気持ちになりました。

エンジンなしで、人力で運ぶのも良いものですね(^^)

カテゴリー 石屋日記 | 2 Comments

本日、写経体験会を開催いたしました。

石のミウラ主催としては、初めての写経となります。

仕事の合間をみての準備ではありましたが、ギリギリまで動いてなんとか準備でき、万全のつもりでした・・・。

会場で写経用紙などを並べていた時、あってはならないことが起きてしまいました・・・。

写経用紙とセットになっていると思っていた筆ペンがどこにも見つかりません(@@;購入するとき、別のセットには付いていた為このセットにも付いていると勘違いしていたようです。。

すでに参加者の皆様をお迎えする時間となっていましたので、完全にパニックです。

急いで筆ペンを買出しに行ってもらいましたが、今度は毛筆タイプでない筆ペンを買ってきてしまい使い物になりません(T_T)

前から思っていましたが、そういったものは筆ペンと表記しないでもらいたいです(>。<)以前にも2回くらい間違えて買ってしまったことがあります。

さて、もうダメかなと思っていた時、このピンチを冷岩寺のご住職様より救っていただきました。

写経用の筆をご用意して持ってきていただいてた為、その筆で無事写経会を始めることが出来ました。

本当に有難く感謝の気持ちでいっぱいでした(^^)

さて、主催者側でドタバタはありましたが、講師の冷岩寺ご住職様より写経についてと写経の作法について丁寧なご説明をしていただきました。

ちょっと暗いのは演出ではなく、電気を付け忘れていた為です。慌てていましたので。。

始める前には全員で般若心経を読経し、心を落ち着かせ始めることができました。

じつは、私も参加者としてご一緒に写経をいたしました。

以前に体験したときは、短い十句観音経だったのですが、本日は般若心経となります。

慌てた心を落ち着かせ、集中して写経に向かいたかったのですが、さっきの件があり集中しきれなかったです(++;

参加者の皆さんは集中して写経しております。

皆さん大体1時間ほどで書き上がり、ご住職様に分からないところを質問されたり、ご自分の出来上がった写経を眺めたりと、達成感からかリラックスされていました。

このあと、お茶を飲みながら皆さんで座談をし、それぞれの方がご住職様へお話をされたり、ご質問されたり和やかな時間を過ごしました。

そのときにご住職様が私に「終わってからのこの時間が良いんですよね」と、お話になった一言に大切なことが何か教えていただいた気持ちになりました。

「心休まるひとときのご提案」ということで開催しました写経体験会ではありましたが、皆様にご提案することが出来たのかなと思っております。

ご参加いただいた皆様、ご住職様、ありがとうございました(^^)

また、企画したいと思っておりますのでその際は、またどうぞよろしくお願い致します。

 

カテゴリー 石屋日記 | コメントする

先週の土曜日に映画上映会を開催したのに続き、今度は写経体験会を開催いたします。

4月17日(木)場所は前回と同じく、ひらたタウンセンター 集会室です。

詳細は下記をぜひご覧ください。

初めての方も大歓迎です!!

写経した用紙は冷岩寺ご住職様より本山へ納経していただけます(^^)

ぜひこの機会にご参加してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー 石屋日記 | コメントする

現在、お墓の補修工事をしている方のお墓です。

竿石の正面の彫刻を変更したいということで、文字彫刻されていた部分を切削し磨きました。

福島県産の浮金石(うきがねいし)だと思いますが、こんなに色艶がでました(^^)素晴らしい石ですね。

お墓の建立日が昭和32年でしたので、56年経った石です。

頭と側面は磨きの艶がなくなり、色合いも薄くなっています。

56年の月日をそのまま感じますね。

こちらは、磨き直しではなく、艶出し研磨のみする予定です。

カテゴリー 石屋日記 | コメントする

本日、以前よりお知らせしておりました、石のミウラ創業85周年記念として

エンディングノート上映会を開催致しました。

何しろ初めての試みですので、ご来場いただけるか不安だったり、準備もギリギリまでしていたり、喜んでいただけるかなど、ここ1週間仕事をしながらもんもんとしてました(**;

受付は、弊社の社員が担当しておりましたが、お付き合いのある山形の㈱ナイガイ様より2名もお越し頂き、サポートしていただきました。すごく心強かったですし、本当にありがたいなと感謝です(^^)

↑すでに私の顔がこわばっています(^^;

当初、お申し込みいただいた方々だけで70名弱で、キャンセルのご連絡もいただきましたが当日参加の方もいらっしゃって、だいたい同じくらいの人数でのご観覧になりました。多くの方にご来場いただけてまずは一安心です。

そうなると、次の課題は私の挨拶となります。。。

昨年の講演会での挨拶では、しどろもどろで残念な結果に終わりましたので、今回は皆さんにしっかりとお伝えしたいと思っておりました。

じつは、すごくあがり症です・・・

やはり、カンペなしでは危険と判断しカンペを堂々と持ち挨拶させていただきました。

私的には前回よりは良かったかなと思ったのですが、嫁からは「何回か噛んだね」と厳しいご指摘をいただきました。

いつかは、カンペなしで皆さんの前で話せるようになりたいです。

さて、肝心の映画ですが上映中に涙されている方もおられました。

感じ取り方は人それぞれで良いのだと思います。ただ、この映画を皆様にご紹介したかったですし、共有できたらいいなと思っておりましたので、開催して良かったと私の中では思いました。

また、お帰りの際にお見送りいたしていると、「映画を観れて良かった」とおっしゃっていただけたのが本当にうれしかったです。

今回も、多くの方に支えられ無事開催することが出来ました。

ご来場いただいた皆様、お手伝いしていただいたナイガイの米本さん、長澤さん、社員の今井さん、阿部くん、そして母親と妻も含めた皆様に感謝いたします。

ありがとうございます。

また、よろしくお願いします(^^)何かは分かりませんがやりますよ~

 

 

カテゴリー 石屋日記 | コメントする