月別ア―カイブ: 9月 2013

弊社主催の講演会が9月22日(日)に行われました。

題して「お墓ってなーに?」

当日は、休日にもかかわらず定員の30名ほどのご参加をいただきました(^^)

お申し込みいただいた方は20名ほどでしたので、予想を超えてのご参加は嬉しかったのですが、資料が・・・。

余分に資料はご用意していたのですが予想以上に当日参加の方が多く、資料が足りなくなりご迷惑をおかけしてしまいましたm(__)m

できれば事前にお申し込みいただいていれば・・・とも思ったのですが、今後の反省として次回また開催する機会がある際はご対応できるようにさせていただきます。

さて、講演会ですが、講師に石文化研究所 所長 小畠宏允先生をお招きし、日本人が大切にしてきた先祖供養の精神などを歴史を振り返りながらお話をしていただきました。

また、「お墓はたたると思いますか?」といった質問から、お墓の本当の意味、本質を分かりやすく丁寧に教えていただきました。また質疑応答では質問も何点か上がり、それに対して明確にお答えしていただき、参加者のお悩みも軽くなったようでした。

お墓参りの意味、素晴らしさなどをあらためて知り、参加された方たちはすっきりとした表情でおかえりになられていたように感じます。

私も数年前に先生の話を聞いて、お彼岸だからお盆だから拝みにいくといった形式だけのお墓参りから、ご先祖様との繋がりを大切にした、例えが合っているかは微妙ですがおじいちゃん、おばあちゃんの家に行くような感覚でお墓参りに行くようになりました。そして、ご先祖様がすぐ近くで見守ってくれていると思うようになりました(^^)

準備など大変ではありましたが、これからも機会があったら、こういった講演会を開催したいと思います。

最後に、ご後援いただきました山形新聞・山形放送様、記事としてご紹介していただきました荘内日報様に心より感謝申し上げます。

 

次はお墓マイラーで有名になられたカジポンさんをお招きしたいなぁと思っていますが、まだ何も動いてはいません(^^;できたらいいなぁ。

 

カテゴリー 石屋日記 | コメントする

講演会情報が続きますが(^^;

荘内日報様より講演会の開催を記事にしていただきました。

立派な記事にしていただきありがとうございます!!

しっかりと多くの方々に聞いていただけるように頑張ります。

カテゴリー 石屋日記 | コメントする

先日、お知らせいたしました小畠先生の講演会「お墓ってなーに?」のご後援を山形新聞・山形放送様よりいただきました。ありがとうございます!!

9月3日の情報センサーにもご掲載していただきました(^^)

今回の講演会は、決して営業が目的ではなくすでにお墓を建てられた方にもぜひご参加していただき、お墓やお墓参りへの認識を深めていただきたい、素晴らしい文化だということを知っていただきたいという思いで開催します。

小畠先生のお話をお聞きして、私はすごく晴れやかな気持ちになりました。お墓参りの本当の意味を知り、ぼんやりとではなくお墓参りをすることができています。

ぜひ、連休の最中ではありますが、少しお墓について考えるお時間を作っていただければと思います。

お問い合わせは、フリーダイアル0120-148-056までお気軽にお電話くださいね。

皆様のお越しを心よりお待ちしております(^^)/

カテゴリー 石屋日記 | コメントする

私が所属している酒田青年会議所から依頼があり、石で北前船を作ることになりました。

石で製作するのは難しいのではと、悩みましたがどうしてもというご依頼でしたので(^^;

彫刻専門のところに頼み製作してもらったんですが、初めは粘土で形を作り何度も修正をして、ようやく石での加工に入るという手間のかかる仕事でした。

 

納期も厳しかったんですが、頑張って加工していただき何とか完成し、先日無事に納品致しました(^^)

少し石細工用に太めだったり、デフォルメしている箇所もありますが、船体はほぼ忠実に再現できたかと思います。

カッコいいですね♪

カテゴリー 石屋日記 | コメントする

前回、セミナーの話題を上げましたが、そのセミナーで講師をされていた小畠宏允先生をお招きし、22日(日)13時30分より酒田勤労者福祉センターにて、講演会を行います。

主催は石のミウラということで、初めての試みになります(^^;

今回、なぜ小畠先生にお話をお願いしたかというと、お墓(お墓参り)について本当に大切なことを多くの方々に知っていただきたいからです。

私が初めて小畠先生のお話を聞いたのが、じつは8年くらい前になります。

「私が知りたかったのはこれだ!!」と、聞いていて興奮したのを憶えています(^^)

その当時の私は、石の加工・研磨技術、据え付けの技術がすべてで、お墓を立派に建てれば石屋としての仕事はそれで良いと思っていました。ある意味間違いではありませんが・・・

ただお墓のことをあまりにも知らずに作っていたので、技術の面では自信を持ってお客様に説明できるのですが、その他はごまかしごまかしだったように思います。それが嫌だったのですが、どう学べばよいかも分からず、父や祖父に聞いてもはっきりしない物言いで、本当のことが知りたいと思っていたところで、小畠先生のお話を聞きスッキリしました。

お話の内容は、講演会までのお楽しみにしてもらいたいと思います。

お話を聞いて、人それぞれいろいろな感じ方があるかと思いますが、こんなふうに思えたら幸せだなとあったかい気持ちになったり、聞いて良かったと思っていただけたら幸いです(^_^)

小畠先生はとてもフランクな方で、お話も楽しくゆったりと聞くことができると思います。ぜひ、勤労者福祉センターに聞きにきてみてくださいね~

お問い合わせは、0120-148-056までお気軽にご連絡ください(^^)/

 

 

 

 

カテゴリー 石屋日記 | コメントする